【手取り15万】地方の一人暮らしを豊かにする9つの方法

こんにちは、Kitaです。

筆者はこんな人

  • 30代サラリーマン
  • 地方で一人暮らし
  • 月収手取り:15万
  • 生活費:月8万
  • 貯蓄率:40%超
この記事は、こんなあなたにオススメ
  • 地方在住、手取り15万で一人暮らしの人
  • 手取り15万で一人暮らしできるか不安な人

手取り15万円で地方で一人暮らしなんてできるのか不安。

そう感じる人は多いでしょう。

かくいう僕も、手取り15万円で地方一人暮らし。

結論、いまの生活がめちゃくちゃ幸せです。毎日が楽しく、好きなことをしながら充実して暮らせてます。

今回はそんな実体験をもとに、手取り15万の地方一人暮らしを豊かにする方法を解説します。

読み終えるころには、これからの人生を幸せに生きるきっかけを得ることができます。

では、さっそく行ってみましょう!

目次

【手取り15万】地方の一人暮らしを豊かにする9つの方法

① 自分のお気に入りの場所を1つ見つける

あなたが今住んでいる地方で、「ここは好きだな」と思うお気に入りの場所を見つけてください。

その土地での暮らしが充実します。

たとえば僕がいま住んでいる地方で、居心地のいい図書館があります。

休日はいつもそこで本を読んで過ごせるので楽しいですね。

お気に入りの場所が1つあるだけで、休日を楽しめるので幸福度が上がりますよ。

② 地産地消の野菜を買い、その土地にお金を落とす

地方で暮らしているなら、買い出しのとき、その地域でとれた野菜を買うようにしましょう。

自分の住んでいる地域の生産者に貢献でき、幸せな気分になれます。

  • 八百屋
  • 道の駅
  • 無人販売所

など、買えるところはたくさんあります。

僕も買い出しのときは、たまに道の駅で野菜を買っています。

安くて経済的なのもそうですが、なにより「おなじ地域の産業に、お金を回して貢献できている」という感じがすごくいいなぁと思いますね。

自分が野菜を買うことで、地域の生産者の暮らしに役立っている。

そう実感できるのも、地方で暮らしているからこそだと思います。

③ 家族と定期的に連絡をとりあう

低収入の一人暮らしで避けたいのは「孤独」です。

いつも一人だと、そのうち自分の狭い視野にとらわれ、精神を病んでしまう可能性もあります。

逆に収入面であまり恵まれてなくても、信頼できる誰かと連絡がとれれば、人とのつながりを感じて穏やかでいられます。

もし仲が悪いとかじゃないなら、両親や兄弟など、定期的に家族と連絡をとるようにしましょう。

ちなみにオススメは、電話で話すことです。

相手の声が聞けるので温度感があり、人間的なつながりを感じるので、孤独にならずに済みますよ。

電話が気まずいとかでしたら、LINEもアリです!

④ お金のかからない趣味を見つける

熱中できる趣味があると、収入の高さに関係なく日々が充実します。

僕も読書やブログ執筆が趣味ですが、楽しくてしょうがないです。

ポイントは、「お金がかからない趣味」をやること。

  • バイク
  • キャンプ
  • 海外旅行

上記のような趣味も楽しいかもしれませんが、お金がかかりそうですよね。

手取り15万円だからこそ、少しでも貯金していきたいところ。

貯金の妨げにならないよう、趣味は金銭コストの低いものを選んだほうがいいです。

おすすめは、

  • 読書
  • 写真
  • マンガ
  • 映画鑑賞

上記でしょうか。

映画や漫画ですと、最近は月額サービスでコスパよく楽しめるので、利用してみるのもアリかもしれません。

お金のかからない趣味については、以下の記事が参考になります。

最強の趣味は、「貯金」。

ちなみに、お金がかからない最強の趣味といえば「貯金」です。

お金がかからないどころか、お金が増える趣味です。

僕も貯金が趣味で、毎月コツコツ貯めることに熱中してます。(笑)

貯金を趣味にする方法については、以下の記事をどうぞ。

⑤ 地方のグルメを月1で食べに行く

地方暮らしならぜひやっておきたいこと。

それは、住んでいる地域や周辺地域のおいしい料理を食べることです。

今あなたが住んでいる地域に、名物料理はありませんか?

  • 郷土料理
  • B級グルメ

など。

たとえば香川県に住んでいる人なら、「讃岐うどん」はぜったい食べておきたいグルメですよね。

それも1つの店じゃなく、複数の店の違ったタイプの讃岐うどんを食べると、もっと楽しめるでしょう。

もちろん外食するとお金がかかります。

ただ、せっかくの地方暮らしなら、その土地のグルメを楽しむのは大切。

土地ならではの美味しいものを食べると、思い出に残りますよ。

月1くらいで行けば、費用も抑えられます!

⑥ 車中泊で、週末ひとり旅する

地方暮らしのあなたは、車を持っていますか?

もし持ってるなら、仕事が休みの週末、車中泊で一人旅するのはいかがでしょう?

住んでいる地域周辺の観光スポットや温泉などに、車で行ってみましょう。

とくに温泉なんかは、地方だからこその懐かしい雰囲気があって楽しいですよ。

もちろんお金を使い過ぎないよう、旅は予算の範囲内で。車中泊すればホテル代が浮きます!

ちなみにお金をなるべくかけずに一人旅を楽しむコツについては、以下の記事が参考になります。

ちなみに「絶メシロード」というドラマをご存じですか?

平凡な中年サラリーマンが、週末に車中泊で一人旅するドラマなんですが、めっちゃおもろいです!

⑦ 休日に、近所の自然をゆったり散歩する

(自宅付近の写真をパシャリ!)

これは都会暮らしではできない、地方暮らしの特権です。

あなたが住んでいる地域の自然豊かな場所を、休日に散歩しましょう。

鳥の鳴き声を聴きながら、緑に囲まれた場所をゆっくり散歩すると、ほんとに気持ちがいいです。

僕も家のちかくを散歩しますが、最高の楽しみの一つですね。

(夕方の散歩で撮った一枚)

↑こんな景色を見ながら「これから人生どうやって楽しんでいこうかな」と考えると、ワクワクです。笑

地方の自然には、どんな人も「心地いい」と感じる不思議なエネルギーがあります。

都会では味わえない解放感・自由を味わえますよ!

⑧ 低収入でも地方で豊かに暮らす人の本を読む

世の中には、自分と同じ立場で本を出している人がいます。

「低収入で地方で一人暮らし」という同じ立場の人が書いた本を、ぜひ読んでみましょう。

「少ない収入でも豊かに暮らす方法」を、彼らから学べるはずです。

僕もいくつか読みましたが、とくによかった本は以下のとおり。

「収入の額にかかわらず、どんな暮らしができれば自分は幸せか?

それがわかっていれば、必要なお金は必ずしも高くある必要はない、と気づかせてくれる3冊です。

⑨ 興味ある活動をしているコミュニティに参加する

あなたが住んでいる地域、あるいは周辺地域に、おもしろい活動をしているコミュニティがあるかもしれません。

  • 登山サークル
  • 写真サークル
  • ボランティア活動

など。

あなたが面白そうだと思った団体に連絡し、休日に参加できないか問い合わせてみましょう。

こういう有志の団体は、その活動が大好きな人たちが集まっている可能性大。

その人たちは好きなことをやっているため、生き生きしてて心豊かなことが多いです。

彼らと付き合うと、きっと楽しい時間を過ごせるはず。

もしかするとこの先何年、何十年と付き合っていける友達と出会えるかもしれません。

ぜひ自分が興味ある活動をしている団体に、参加してみてください!

まとめ:手取り15万円でも地方で豊かに暮らせる

今回は、「手取り15万・地方の一人暮らしを豊かにする方法」について解説しました。

収入の高さはもちろん大切。

でもそれ以上に大切なのは、「いまこの時を楽しむ」ことだと僕は思います。

少なくとも地方での暮らしには、都会にはない魅力がたくさんあります。

たとえ会社の給料が低くても、毎日を充実して過ごすことはできるんです。

あなたがいま住んでいる地域で好きなこと、楽しいことを見つけ、人生をエンジョイしてください!

また、収入が低くても豊かに暮らす方法のひとつに、「質素に暮らす」というのがあります。

くわしくは以下の記事を読んでみてください。

生活レベルを下げるメリットについては、以下の記事が参考になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

よかったらぜひコメントをお願いします。

コメントする

目次