週末ひとり旅を満喫するドラマ「絶メシロード」の魅力4選

こんにちは、Kitaです。

筆者はこんな人

  • 30代サラリーマン
  • 一人暮らし節約家
  • ひとり旅歴:10年
この記事は、こんなあなたにオススメ
  • お金をかけないひとり旅がしたい人
  • 車中泊で、自由に旅行がしたい人
  • 週末、小さな冒険をしてみたい人

今回は、ひとり旅やグルメが大好きなあなたに観てほしい「絶メシロード」というドラマの魅力を紹介します。

(動画の引用元:YouTube テレビ東京公式 TV TOKYO)

この作品は一言でいうと、「観たとたん旅したくてたまらなくなるドラマ」です。

僕もひとり旅とグルメが大好きなんですが、先日、U-NEXTで観たこの「絶メシロード」にドハマリ。

おもしろすぎて、つい夜通し最終回まで観てしまいました。

今回はそんな絶メシロードの魅力について、余すことなく紹介します。

読み終わるころには、今週末にさっそく旅したくなりますよ

では、さっそく行ってみましょう!

目次

【週末ひとり旅ドラマ】絶メシロードの概要

平凡な中年サラリーマン・須田民生が、「週末に車で好きなところに一人で旅行し、現地の絶品グルメをどことん楽しむ」という趣味系ドラマです。

ちなみに主人公の民生を演じるのは、俳優の濱津隆之 (はまつたかゆき)。

東京の会社に勤める民生は、部長に頭が上がらない毎日。

いつも怒鳴られペコペコし、だらしない部下の尻拭いをさせられる日々。

そんなストレスフルな毎日でも、彼には週末の楽しみがあります。

それは、金曜日に仕事から帰宅したあとの夜、車で1泊2日のひとり旅に繰り出すこと。

埼玉や栃木、長野など、東京の周辺地域に行き、到着したその夜は車中泊。

翌朝に現地のお店でご飯を食べるんですが、彼が食べるのは、いずれ絶滅してしまうかもしれない絶品メシ。つまり絶メシ。

旅先のちいさな大衆食堂で、跡継ぎがおらず、もう二度と味わえなくなるかもしれない貴重な料理を味わうんです。

ちなみに旅には3つのルールがあります。

旅のルール3つ

  1. 期間は金曜の帰宅後から、翌日、妻たちが家に帰る土曜日の夕方まで
  2. 誰も誘わない。誰も巻きまない
  3. 高速代、ガソリン代、食費。いろいろ含め、小遣いの範囲内に収める
(引用元:絶メシロード)

上記のとおり。

とくに③は、お金をなるべくかけないための大事なルール。車中泊もまさにこの一環です。

作中で主人公が毎回いうセリフで、個人的に大好きなセリフがあります。

一人だけの時間を満喫できる、私のちいさな大冒険

(引用元:須田民生 絶メシロード)

子どものときに誰もが楽しんでいた冒険。

大人になっても、自分だけのちいさな冒険を楽しむ姿が「いいなぁ~」と思わせてくれます。

【週末ひとり旅】絶メシロードを観るメリット3つ

① お金をかけないひとり旅の楽しみ方がわかる

このドラマを観ると、なるべくお金をかけずにひとり旅を楽しむ方法を知ることができます。

主人公は毎回、旅の費用をすべて小遣いの範囲内におさえ、宿泊代を浮かせるため車中泊をします。

お金をかけないと楽しめないんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

車中泊は「旅してる感」を高めてくれる小さな秘密基地のようなもの。冒険気分が味わえ、しかも宿泊代0円なんて最高じゃないでしょうか?

「旅の費用を抑えつつ楽しむには、こういうことをすればいいのか」という気づきが物語のいたるところにあり、勉強になりますよ。

②「自由」を味わいつくす幸せを、存分に味わえる

このドラマの見どころはズバリ、「自由」です。

いい歳した大人が、自分の好きなことを好きなようにやって楽しむ自由。

そんな最高の贅沢を心ゆくまで味わえるのが、このドラマのポイントです。

主人公は会社の課長。ダメな部下と怖い上司とのあいだで板挟み。ストレスの日々。

「嫌でしょうがない」というわけじゃないけど、会社員あるあるな職場の悩みを抱えつつ働いてます。

だからこそ週末は自分の大好きな旅行に出かけ、好きなように車中泊し、好きなお店で好きな料理を食べて楽しむ。

言いたいことを言えない不自由な会社員生活をしているからこそ、週末のひとり旅を「自分仕様」で思う存分好きなように楽しめる。

日本中の旅好きなサラリーマン全員が共感する作品です。

③ 平凡なサラリーマンが週末を楽しむ方法がわかる

「週末をどう楽しめばいいのかわからない・・」

と悩む人も多いでしょう。

そんな人はこのドラマを観れば、週末を最大限に楽しむ方法がハッキリわかります。

大人になると仕事で忙しく、遊ばないことに慣れ、せっかくの休日もどう楽しめばいいかわからないもの。

僕も以前はそうでした。笑

だからこそ、同じ「平凡なサラリーマン」という立場で自分なりにエンジョイする人の姿を見るのは、あなたが週末に大好きなことをして過ごすうえで大きな参考になります。

【旅を楽しくする】絶メシロードのおすすめポイント4つ

① 何もかも自分の自由に楽しめる!そしてとことんこだわる!

くり返しになりますが、このドラマのポイントは「自由」です。

  • 好きな旅先に行く
  • 好きなお店に入る
  • 好きな席に座る
  • 好きな料理を頼む

とにかく自分の好きなように楽しむこと。

そして見逃せないもう一つのポイントは、「とことんこだわること」。

主人公は入った食堂で、とにかくあり得ないくらいこだわります。

たとえば、店主に「お好きなお席にどうぞ」と言われて、どこに座ろうかめちゃくちゃ考えるんですよね。

はたから見れば「そここだわるんかい!笑」と思うところにエネルギーを使ってます。

どの料理を注文するか考えてるときも、頭のなかで

  • 「ん?この○○定食ってなんだ?」
  • 「どれにしよう?迷うなぁー」
  • 「よし、これに決めた!」

など、普通ならパッと決めるようなことを、まるで命懸けのようにたっぷり時間をかけます。

こんなこと、ほかの人と一緒に行ったらできません。誰にも気を遣わなくていい気楽な状態だからこそ、とことんこだわれるんでしょう。

ひとり旅の醍醐味は、まさにこの「自由」と「こだわり」!

② 車中泊が大人の冒険心をかきたて、楽しみを倍増させる

旅先のホテルとかに泊まるんじゃなく、車のなかで寝る。これがまたいいんですよね。

ひとり旅のロマンを感じさせてくれます。

作中で主人公の民生がいろんな人と出会って話をするんですが、「旅」という共通の趣味をもっている人との会話は弾みます。

僕もむかし、旅先で泊まったゲストハウスの朝食で、ほかのお客さんと雑談して楽しかった記憶があります。

「きょうはどこ行くんですか?」みたいな話で盛り上がるのも、旅のちょっとした楽しみ。

車中泊を楽しんでいれば、車中泊好きな人と出会って話して盛り上がる、なんてこともあるんでしょうね。

③「地方のマイナーな大衆食堂」というチョイスがまたいい

主人公は旅先で食事するとき、

え、どこの店?!

という超マイナーな食堂で食べるんですよね。

食べログとかでレビューされていないような、「ザ・地元」というかんじの大衆食堂で食べるんです。

このドラマのテーマは絶メシ。

跡継ぎがいなくて絶滅してしまいそうだけど、味はたしかな絶品メシ。

こうした絶メシが味わえるのは、まさに地元の個人営業の大衆食堂。

もう二度と味わえなくなるかもしれない切なさ、さびしさがあるからこそ、そこの料理を楽しもうという気になるんですよね。

食べてるときの主人公の姿がめちゃくちゃ幸せそう!

「おれも地元食堂いきてー!」となります。

④ 食べるだけじゃない!行く先々の店のストーリーが心温まる

このドラマは、たんに旅してグルメを楽しむだけの物語じゃありません。

行く先々のお店で、店主や夫婦の個人的なストーリーを聞くことができ、胸を打つんですよね。

行くお店はどこも跡継ぎのいない店。息子や娘がいても、店主のおじさんはあえて継がせようとしません。

「本当は継いでほしいけど、自分の好きな人生を生きてほしいから何も言えないんだよね」

という店主の葛藤。

料理がおいしく感じたり、その店に行ってよかったと思えるのは、その店の人たちと心を通わせてこそなんじゃないか。

たとえば僕がむかし、ひとり旅で熊本に行ったときのこと。

地元の熊本ラーメンを食べたんですが、そこの店主ご夫婦と仲良くなり、奥さんがわざわざ自宅から「たい焼き」を持ってきて食べさせてくれました。

あの店で食べたラーメンの美味しさ、思い出は今も忘れられません。

「旅を充実させてくれるのは人なんだな」ということを、このドラマで改めて実感できます。

絶メシロードに登場する食堂・食事はこちら

SNSにも、絶メシロードゆかりの食堂・料理がたくさん投稿されています。

下の写真は、作中で民生が行った木更津の大衆食堂「とみ」。

見るからにジューシーなポークステーライスが視聴者の食欲をそそる!

店主のお母さんが、自分の夢をアツく語ってくれたお店です。

↓実際のポークソテーが投稿されていました。

下の写真は、静岡県下田市にあるとんかつ屋さん「とんかつ一 (はじめ)」。

民生が頼んだ「フライのミックス定食」が超ボリューミーで美味しそう!

下の写真は、作中にも出てきた石川県志賀町「ロードパーク 女の浦」の能登ラーメン。

車中泊ハッカーのカブラギさんが感動しながら食べてました。いつか食べてみたい!

下の写真は、埼玉県秩父市の食堂「パリー」。

作中でも拝見しましたが、のれんの「パリー」の文字が右から書かれており、昭和のレトロな雰囲気を感じさせます。

このフルーツ添えのオムライスが、作中にも出てました。

「あいつには自分の人生を歩んで欲しいから」と、孫に跡継ぎさせない店主の愛情。このパリーの回がすごく好きです。

下の写真は、最終回の食堂S.S

作中に出ていた掃除のおじさんが、まさかの店主。めちゃくちゃフレンドリーな人で若干ひきました。笑

下の写真は、食堂S.Sの料理。

写真のサバは作中に出てきた「普通定食」のサバと同じものでしょうか?おいしそう!

U-NEXTなら初めの31日間は無料視聴可能

この絶メシロード、僕はU-NEXTですべて観ました。

ちなみにU-NEXTは、はじめの31日間は無料トライアルができ、トライアル期間中に解約しても課金されないので安心です。

絶メシロードのほかにも、

  • 居酒屋新幹線
  • 駅弁ひとり旅
  • 孤独のグルメ

など、「ひとり旅やグルメをとことん楽しむ系」ドラマを好きなだけ観れます。

\ はじめの31日間は無料で見放題 /

まとめ:絶メシロードを観て週末ひとり旅に繰り出そう!

今回は、ひとり旅が大好きな人向けのドラマ「絶メシロード」の魅力を紹介しました。

疲れたサラリーマンが、週末の自由な旅をとことん楽しむ。

そんなことを普段からできたら、退屈になりがちな毎日をもっと楽しくできるのではないでしょうか?

絶メシロードを観てモチベを上げ、週末ひとり旅へと繰り出しましょう!

また、安いグルメを最大限においしく楽しむ方法については以下の記事が参考になります。

お金をかけない一人旅を楽しむコツについては、以下の記事を読んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

よかったらぜひコメントをお願いします。

コメントする

目次