【後悔する】30代派遣社員の男の将来がヤバい5つの理由

※当記事ではアフィリエイト広告を掲載しています。

この記事は、こんなあなたにオススメ
  • 派遣で働いている30代の男性
  • 派遣で働こうとしている30代男性

世の中には、30代男性で派遣で働いている人がいます。

筆者の僕も、かつて30歳で派遣社員だった時期がありますが、けしてオススメできない働き方です。

そんな実体験をもとに、「30代派遣社員の男の将来がやばい理由」について解説します。

のちの人生で後悔しないよう、ぜひ最後まで読んでみてください。


もし30代派遣から正社員就職を目指すなら、ジェイックという転職サービスを使うのがおすすめです。

プロのアドバイザーが、あなたの就職を完全無料で支援してくれます。よかったら以下の記事を参考にしてみてください。

\ 30代が最後のチャンス。行動するなら今! /

目次

30代派遣社員の男の将来がヤバい5つの理由

① 低年収が横ばいのままだから

月給制の正社員と違い、派遣社員は時給で働きます。

そしてその時給は、基本的に上がりません。

正社員は勤続年数とともに昇給することもありますが、派遣の場合は同じ職場で何年働いても、給料が横ばいのまま。

もちろん20代などの若い年代なら、派遣をやっていて給料が少なくても、若さゆえにどうにでもなります。

ですが30代となると、話は別。

20代のころと違い、将来の生活を現実的に考えはじめる年代。
貯蓄や年収アップなど、金銭面で準備する必要が出てきます。

そんななか「派遣」という働き方をしていると、低年収のまま上がらず、歳をとるにつれ生活が苦しくなっていきます。

② キャリアが身につかないから

派遣社員として働いても、社会的な「キャリア」にはなりません。

というのも、派遣は正社員と比べて

  • 責任のある仕事
  • 難易度の高い仕事

を任される機会が少なく、むしろ「誰でもできる単純作業」の仕事をすることが多いからです。

たとえば・・

  • ホテルの接客サービス
  • 事務のデータ入力作業
  • 製造工場のライン作業

↑これらは、単純作業の仕事の代表例。

正社員より雇用コストの安い、派遣社員がやることが多いです。

こうした単純作業をしても、とくにスキルはつかず、社会で評価される実績も作りにくいです。

こうした理由から、派遣で働いてもキャリアアップしにくいというわけです。

ちなみにスキルが身につかない仕事については、以下の記事を参考にしてみてください。

工場で単純作業の仕事をしていて辛いときの対策は、以下の記事で解説しています。

③ 正社員就職が困難になるから

30代派遣で働いていると、正社員就職のハードルが上がります。

僕は20代のころ派遣で働いていましたが、30を過ぎて就活をしたとき、地獄を見ました。

応募しても、書類選考でことごとく不採用。

書類通過しても、面接では毎回のように「なぜ今まで派遣をしていたんですか?」と訊かれ、そのつど説明しないといけません。

就職が決まるまで、150社以上に応募することになりました・・。

どんな理由があれ、派遣で働いている人にたいし、企業はプラスの印象をもちません。

何年も派遣だった人が正社員になろうとすると、就活でかなり苦労します。

④ 結婚できなくなるから

30代になっても派遣で働いていると、異性からパートナー候補として選ばれることはまずありません。

20代のころと比べ、30代にもなれば、年収・肩書きが重視されます。

ましてや女性なら、パートナー候補である男性にたいし、なにより「経済的な将来性があるか」が気になるもの。

そんななか、相手の男性が「30代派遣」とわかると、それだけでマイナスイメージをもたれて敬遠されます。

将来結婚したいなら、派遣のままじゃ絶対その願望は叶わないと思っておいたほうがいいでしょう。

⑤ 肩身の狭い思いで働くことになるから

20代派遣ならその若さゆえ、何度でもやり直しがきく年代。世間ではまだ大目に見られます。

いっぽう30代派遣となると、話は別。
周囲の目はよそよそしく、厳しくなります。

僕がむかしホテルで働いていたとき、そこには短期の派遣で働きに来ている30代半ばの人がいました。

現場には20代アルバイトの若者が多いなか、どこかアウェイで孤立している様子。

もちろん「まわりの目なんか気にしなければいいんじゃないの?」と言う人もいるかもしれません。

ただ、想像している以上に、じっさいの様子はリアルで怖いもの。

  • 周囲から軽蔑の目で見られたくない
  • 肩身の狭い思いをして働きたくない

↑こうした思いが少しでもあるなら、30代で派遣をやるのはやめておきましょう。

そのままだと不幸になる可能性大

30代になっても派遣で働いていると、高確率で貧困になり、不幸になります。

昇給もボーナスもなく、年収200万円台のまま横ばい。歳をとるにつれ生活は苦しくなります。

僕が20代のころに派遣で働いていたとき、将来の生活のことを現実的に考えていませんでした。

ですが30歳になって、地に足のついた考え方をするようになり、ようやく「このままじゃやばい・・!」と焦って就活をしました。

あのとき就職するために行動を起こしていなかったらと考えると、ゾッとします・・。

もしあなたが、いま30代派遣で働いていることに不安を感じるなら、いまが行動を起こすときなのかもしれません。

正社員として就職することを、真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

まとめ:30代派遣はもうやめよう

今回は、「30代派遣社員の男の将来がやばい理由」について解説しました。

20代の若い時期ならまだしも、30代で派遣をやっていると生活は苦しくなり、世間の目も冷たくなってきます。

もしいまの働き方のまま、このさきも歳をとっていくと、将来後悔する恐れがあります。

後悔しない人生のため、就職に向けて一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?


もし30代派遣から正社員就職を目指すなら、ジェイックという転職サービスを使うのがおすすめです。

プロのアドバイザーが、あなたの就職を完全無料で支援してくれます。

多くの無職・フリーターの方々が当サービスを使い、正社員就職しています。

\ 30代が最後のチャンス。行動するなら今! /

その他の転職サービス (利用は完全無料)

  1. リクナビNEXT (年齢問わず、誰でも使える大手転職サイト)
  2. ミイダス (登録すると、企業から面接確約オファーが届く)
  3. 転職会議 (応募先企業のリアルな口コミがわかる)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

よかったらぜひコメントをお願いします。

コメントする

目次