【厳選】「ていねいな暮らし」を描いたオススメ映画17選

※当記事ではアフィリエイト広告を掲載しています。

この記事は、こんなあなたにオススメ
  • ていねいな暮らし系映画を観たい人
  • 好きなことをして幸せに暮らしたい人

ていねいな暮らしって何?

日々のなにげない物事に時間や手間をかけ、その時間を幸せに過ごす暮らし

けして多くを求めず、自分にとって本当に大切なものに囲まれて暮らす。こうした暮らしは人生の幸福度を高めてくれます。

  • 料理が好き
  • コーヒーが好き
  • パン作りが好き
  • 家庭菜園が好き

人それぞれ自分の好きなことを、好きな場所で、好きなように楽しんで暮らせたら最高ですよね。

ぜひ参考にしてみください!

動画配信サービスHuluは、月額たったの1,026円(税込)で動画が見放題。

はじめの30日間は無料トライアルで視聴できます。

トライアル中の解約料は0円なので、お金を損する心配もなく安心してご利用いただけます。

目次

ていねいな暮らしを描いたオススメ映画17選

① かもめ食堂

フィンランドにある、日本料理の小さな食堂の物語です。

「日本の素朴な家庭料理のよさを、フィンランドの人たちならわかってもらえる」

こんな思いで自分が大切だと思うものに取り組むうち、すこしずつ店に幸せがやってくる映画。

シンプルでお洒落な店で、から揚げ、生姜焼きなどの家庭料理をつくる様子が、めちゃくちゃおいしそう!

ヘルシンキの人たちの優しさと交流、食がもたらす豊かさが、本作の作り手の愛を感じさせます。

最後のシーンが、本作いちばんの名シーン!

② レンタネコ

(動画引用元:シネマトゥデイ YouTube公式チャンネル)

人がネコを通じて幸せになる姿を描いた物語。

主人子のサヨコ (市川実日子) は、東京の一軒家でたくさんのネコたちと一緒に暮らしています。

幼いころからネコに好かれる彼女は、「レンタネコ屋」という変わった職業。

ひとり寂しさを抱えて生きる人たちに、ネコをレンタルして幸せを与えます。

  • 夫に先立たれたおばあさん
  • 単身で赴任する、中年男性
  • 自分の人生に悩んでる女性

彼らがネコを嬉しそうに抱いている姿は、視聴者も温かい気持ちにしてくれます。

③ 日々是好日

(動画引用元:テレビ東京公式 TV TOKYO)

タイトルは「にちにちこれこうじつ」と読みます。

主人公は、黒木華が演じる平凡な大学生・典子。

彼女はとあるきっかけで従妹の美智子 (多部未華子)と一緒に、地元の茶道教室に通いはじめます。

はじめは細かい作法に嫌気がさしながらも、少しずつお茶の世界に魅せられ、のめり込んでいきます。

人生でやりたいことが見つからず、右往左往する典子。

大学卒業後は就職せず、アルバイトでその日暮らし。

時が経つにつれて周囲から取り残されていくことへの焦り、不安。そして唯一の希望を失った悲しみ。

人生の辛さを経験し、心が折れそうになりながらも、ただ1つ好きなことを長く続けることの素晴らしさ。

観ていて「わかるなぁ・・」としみじみ感じるシーンが印象的です。

④ 主婦の学校

(動画引用元:シネマトゥデイ YouTube公式チャンネル)

アイスランドにある、家政学校のドキュメンタリー映画です。

人が自立して生きていくための生活スキルや知恵。

自分たちの手でケーキやジャム、料理をつくる。縫製で服を直し、自給する。

倹約を学び、コミュニティのなかで生きる協調性を身につける。

どんな時代や環境下でも自分の足で立って生きれるよう、「主婦の学校」で学ぶ女性たち。

主婦の仕事は、世の中の仕事のなかで、いちばん根源的なものなのかもしれません。

⑤ パターソン

(動画引用元:シネマトゥデイ YouTube公式チャンネル)

ニュージャージー州に妻と暮らしている男の、淡々とした日常を描いた物語です。

バス運転手として働き、変わり映えない退屈な毎日を過ごす彼には、ちいさな楽しみがあります。

それは、趣味である「詩」を書くこと。

日々の暮らしで思いついた言葉をノートに書きため、妻に披露する。

趣味、お酒、仕事のちょっとした楽しみ。
ささやかな楽しみを味わいつつ、日々を淡々と過ごす主人公の姿。

その姿を見ていると、「平凡な人生もいいものだなぁ」と思わせてくれます。

映画の終盤、まさかの日本人キャストとして、永瀬正敏が登場するのにはビックリ。(笑)

⑥ プール

タイのゲストハウスで暮らす日本人の人たちが、現地のおだやかな暮らしと交流のなかで幸せを見つけ出す映画です。

南国の緑に囲まれ、みんな1つのテーブルでおいしい夕食を食べる。いかにもタイのゲストハウスって感じで観ててほっこりします。

主人公の女の子が空を見上げ、もの思いにふけるシーンが印象的。

いずれ終わる、異国でのゆっくりな時間。そこで見つける「自分にとっての豊かさ」を、これからの人生で活かしていきたくなる映画です。

⑦ 山のトムさん

ゆったりとした田舎暮らしのなか、しあわせを噛みしめたい人のための映画です。

淡々とした日々。
人のあたたかさ。
静かな時間の流れ。

そして、料理とネコ。

とかく僕たち大人は、遠くにあるものを追いかけることに必死になりがち。そんななか、つい自分を見失ってしまうことも。

最後のシーンで小林聡美が言うあのセリフが、この映画でいちばん伝えたいことだったんじゃないかなと思います。

⑧ しあわせのパン

(動画引用元:Asmik Ace YouTube公式チャンネル)

「好きなことを、好きな人たちと、好きなようにやって幸せに暮らす」

ていねいな暮らしの魅力がギュッと詰まった作品です。

北海道洞爺町にある小さなカフェ。夫婦がつくる手作りパンとコーヒーが、お客さんや仲間に幸せを与えます。

さまざまな事情からカフェに訪れる人たちは、みんな美味しいパンとコーヒーで笑顔に。

お客さんの誕生日パーティーをみんなでお祝いするシーンがあるんですが、そのときの料理がめちゃくちゃ美味しそう!

ていねいな暮らしってホントこういうことだよなぁ」と思わせてくれる、人間愛あふれる映画です。

⑨ めがね

なにもない離島にある、ちいさなゲストハウスの物語。

このゲストハウスに集まる人たちは、みんな素性を明かしません。

ただ毎年そこに集まり、海を見ながら冷たいかき氷を食べ、夜に外でバーベキューをして過ごす。

退屈でかわり映えのない島暮らし。ゆたかな自然と静かに流れる時間のなかで、自分たちにとっての「心の平安」を見つける。

自分は何を大事にして生きていきたいのか。登場人物を通して考えるきっかけになる映画です。

⑩ ぶどうのなみだ

(動画引用元:Asmik Ace YouTube公式チャンネル)

空知の自然の豊かさと、そこで暮らす人々の交流を描いた作品です。

ワイン醸造家のアオ (大泉洋) は、弟のロクと一緒にぶどう園を営んでいます。

難聴で指揮者として活動する夢を諦め、「人を感動させるワインをつくる」という新たな夢にむけて頑張る毎日。

そこへある日、キャンピングカーでやってきた女性。

彼女はエリカ (安藤裕子) といい、アオの畑のすぐ隣で、スコップで突然穴を掘り始めます。

いったい何事かと怒り出すアオ。
最悪な出会いでスタートする彼らの関係は、時間がたつにつれ少しずつ、少しずつ近づいていきます。

夢と挫折。
理想と現実。
高い理想があるからこそ感じる、作り手の苦悩。

そしてそこに光を注いでくれるのは、人の愛。

「やっぱり最後は人なんだな」と思わせてくれる人情愛の物語です。

⑪ リトルフォレスト

(動画引用元:シネマトゥデイ YouTube公式チャンネル)

東北の奥地での暮らしを描いた作品です。

自分の畑でとった野菜、森でとった木の実。食べ物を1から手作りして食べ、毎日を生きる姿が「生活の原点」のようなものを感じさせてくれます。

主人公の女の子が作っている自家製トマトソースがあまりにも美味しそうで、観たあと僕もつい作ってしまいました(笑)

自給暮らしすることだけが大切とは限らない。

けれど、

  • 自分自身と向きあいたい
  • シンプルな暮らしが魅力的
  • 自然とともに暮らしてみたい

と思う人は、この映画からきっと何か大切なものを学べるはずです。

⑫ マザーウォーター

(動画引用元:シネマトゥデイ YouTube公式チャンネル)

京都で暮らす3人の女性を中心に、地に足のついたシンプルな暮らしを楽しむ人たちの交流を描いた物語。

  • 豆腐売りのハツミ
  • 喫茶店を営むタカコ
  • バーの店主のセツコ

それぞれが自分の好きな仕事をし、日々を過ごすなかで生まれる人と人との関わり。

ゆっくりとした時間の流れが感じられる京都の街並みと、そこで穏やかに暮らす人たちの変わらない日常。視聴者に安心と癒しを与えてくれます。

いちばん最後のシーンで彼女たちがする会話が、どこか意味深・・!

⑬ そらのレストラン

(動画引用元:FilmIsNow Movie Trailers International)

北海道の大自然を舞台に、「生産者たちの豊かな暮らし」を描いた物語です。

牧場を経営するワタル (大泉洋) は妻と娘の3人暮らし。師匠の教えを受け、おいしいチーズを作ろうと日々奮闘しています。

そんな彼の楽しみは、気のいい仲間たちと一緒にバーベキューしたり、おいしいワインを飲んで幸せな時間を過ごすこと。

自分たちの食材を使ったイタリアンレストランを開くことを夢に、みんなで力を合わせてがんばる姿は、観る者の胸をジワリと熱くさせてくれます。

⑭ 西の魔女が死んだ

(動画引用元:YouTubeの映画とテレビ番組)

学校に馴染めなかった繊細な女の子が、山奥で暮らすイギリス人の祖母をたずね、自然に囲まれた生活のなか学び成長していく物語。

おばあちゃんと一緒にジャムを作るシーンは、いかにも「ていねいな暮らし感」が描かれていて、観ているだけで幸せな気分になります。

地に足をつけ、日々のちいさな喜びを噛みしめて生きる。

美しく、ときに厳しい自然とともに生きる2人の姿。

そこには女性ならではの繊細さ、たくましさが感じられ、観る者の胸を打ちます。

⑮ 洋菓子店コアンドル

(動画引用元:moviecollectionjp)

一流のケーキ職人になるのを夢見て田舎から上京し、修行にあけ暮れる女の子の物語です。

職人たちが作るスイーツはまるで芸術作品のよう。ひとつひとつの作業が、ため息が出るほど繊細。そしておいしそう・・!

何気なく食べるケーキも、これほどまでに奥が深く、そして厳しい世界なんだなと感嘆させられます。

この映画の見どころは2つ。

ひとつは、自分が作ったケーキがお客さんに喜ばれて感動するシーン。

そしてもうひとつは、蒼井優の鹿児島弁です(笑)

⑯ アンネリとオンネリのおうち

(動画引用元:シネマトゥデイ YouTube公式チャンネル)

フィンランドの有名な、児童文学が原作の映画です。

2人の小さな女の子、アンネリとオンネリは大の親友。

彼女たちは、とある不思議な出来事がきっかけで、夢のようにお洒落でかわいらしい家を買います。

その家の中はまるでワンダーランド!

子どもたちだけの、素敵で不思議な時間を楽しみつくす物語が、視聴者の心をつかんで離しません。

「不思議の国のアリス」の世界を思い起こさせてくれます。

⑰ さいはてにて やさしい香りと待ちながら

(動画引用元:東映映画チャンネル YouTube公式チャンネル)

ちいさな暮らしのなかで見つける幸せを描いた物語。

岬 (永作博美) は家族の死をきっかけに、東京から故郷の奥能登に戻り、ちいさなコーヒー屋さんを開きます。

向かいの民宿に住むのは、シングルマザーの絵里子 (佐々木希) と子どもたち2人。

はじめはギクシャクしたお向かいさん同士でしたが、顔を合わせるうち、少しずつ心を通わせていきます。

たった一人との出会いがきっかけで、それまでの暮らしが見違えるほど良くなるもの。

子どもたちと過ごす時間が増える幸せ。
海の音が聞こえるさいはての地、半径数十メートルのちいさな生活空間で、人の温かさに囲まれて過ごす日々。

「うちで働かない?」

岬 (さいはてにて やさしい香りと待ちながら)

↑岬のこのセリフがいいなぁと思いました。

人との縁がすべてを変えてくれる。不思議だけど、それが人生なのかもしれない。そう気づかせてくれる物語です。

さいごのシーンが泣ける・・。

まとめ:ていねいな暮らし映画を楽しもう!

今回は、「ていねいな暮らしを描いたオススメ映画」をご紹介しました。

多くを求めず、地に足をつけ、本当に大切なものに囲まれて暮らす。

そんな生き方が好きな方は、今回ご紹介した作品をきっと楽しめるはずです。

動画配信サービスHuluは、月額たったの1,026円(税込)で動画が見放題。

はじめの30日間は無料トライアルで視聴できます。

トライアル中の解約料は0円なので、お金を損する心配もなく安心してご利用いただけます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

よかったらぜひコメントをお願いします。

コメントする

目次