【実体験】職場の気まずい人との人間関係を良くする方法5つ

こんにちは、Kitaです。

この記事は、こんなあなたにオススメ
  • 職場の気まずい人との関係を良くしたい人
  • 職場の人間関係に、モヤモヤしている人

職場で気まずい人って、どうしてもいるものですよね。

職場の人とトラブルがあったり、口論したりすると、後日その人と顔を合わせるのが気まずくなってしまう。そんな経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

今回は、そんな職場の気まずい人との人間関係を少しでも良くする方法について、筆者である僕の実体験をもとに解説します。

読み終わるころには、職場の人間関係の悩みを解決する方法が分かります。

ではさっそく行ってみましょう!

目次

職場の気まずい人との人間関係を良くする方法5つ

① 適度に距離を置きつつ、避けないようにする

職場で気まずい人とのあいだには、どこかモヤモヤした空気感があるもの。さすがに打ち解けるのは難しいですよね。

そのため多少は距離をとりつつ、かつ避けないようにして付き合うのがオススメです。

というのは、いくら気まずいからといって常に関わらないようにしていると相手が察知し、よけい気まずくなりかねないからです。

基本的には仕事で必要なときだけ会話したり、協力したりするようにしていれば問題ないですよ。

② 多少気まずくても、挨拶は自分からする

言うまでもないですが、職場で挨拶するのは社会人の基本です。たとえ気まずい相手でも、おなじ職場で働く者同士として挨拶は絶対するようにしましょう。

それも、「自分から」挨拶をしてください。
というのは、気まずい相手だからといって自分から挨拶しないでいると、そのうち相手も挨拶をしなくなるかもしれないからです。

そうなると、いつしかお互い挨拶をしないのが当たり前になり、余計ギスギスした関係になってしまいます。

気まずい相手か否かは関係なく、職場の人には誰にでも必ず自分から挨拶しましょう。

③ 真面目に仕事をし、相手に認めてもらう

ふだんから仕事に真面目に取り組むことは、人間関係をよくする大事な手段の一つです。

なぜかというと、自分が日ごろ真面目に仕事していれば、気まずい相手にも「あの人、よくやってるな」と思ってもらえるからです。

結果、気まずくはあるけれど仕事では認められているので、あなたに悪い接し方はしてこないはずですよ。

④ 相手が仕事で困っていたら進んで助ける

職場の気まずい人が仕事で困っているときはチャンス。
ぜひ助けてあげてください。相手との関係が改善するきっかけになるかもしれません。

「気まずいのでなるべく関わりたくない」という気持ちはわかります。でもその気持ちを抑え、あえて助けてあげましょう。

僕もむかし勤めていた職場で、気まずい人がいました。
あるときその人がスコップを必要としているときに、自分が持っていたスコップを手渡すと、不愛想ながら「ありがとうございます」という返答が。

もちろん、相手もあなたを気まずい人と思っています。なので助けられることに、少し戸惑われるかもしれません。

ですが、「あなたに助けられた」という記憶は、その後も相手の頭のなかに残ります。人は自分を助けてくれた相手に、何かお返しをしたいと思うもの。

もしあなたが仕事で困っていることがあったら、その相手が「こないだのお返しに」と助けてくれるかもしれません。そうなるとお互いの関係が少し良くなるのではないでしょうか?

⑤ チャンスがあれば会話し、少しでも打ち解ける

仕事中にひょんなきっかけで、気まずい人と会話する機会が出てくるかもしれません。そのときは仲良くなるチャンスです。

ためらったりせず、ぜひ世間話などしてお互いの見えない壁を取り払おうとしてみてください。

喋ってみたら案外ふつうに話せて、それまで何となく気まずかったのがあっという間に打ち解けることもあります。

ちなみに話すときは、ごく普通の世間話などで問題ないです。ぜひ機会を見つけて、相手とコミュニケーションをとってみましょう。

それでも職場の人間関係が良くならず辛いなら

① 仕事と割り切り、適度な距離感をもって付き合う

どうしても職場で気まずい人とは、もう何とかうまく付き合っていくしかないです。
ある程度の距離を置きつつ、かつ露骨に離れすぎない感じで付き合っていきましょう。

僕もむかし職場で気まずい人がいたとき、相手を刺激しないよう、その人が仕事中に多少気になる行動をしていても知らないふりをするようにしていました。

つねにお互いの間にどこかモヤモヤした空気感はありましたが、「もうそれは仕方ない」と割り切り、なんとか一緒にやっていくようにしていました。

気まずい人と話す機会があっても、なるべく事務的な会話だけにとどめましょう。とにかく必要以上に接触しないようにすることが大切です。

② 人間関係がこれ以上悪化しないよう気をつける

気まずい相手との人間関係がこれ以上悪化すると、自分のメンタルに支障が出てしまいます。
なので自分を守るためにも、気まずい相手とこれ以上仲が悪くなるようなことはしないよう気をつけましょう。

たとえば、仕事中に相手が問題行動をしていても、あえて見て見ぬふりをして関わらないとか。

職場の人との関係をなるべく良好な状態にキープするのは、自分がその職場で長く快適に働いていくうえで大切なこと。とにかく穏便にやっていくようにしてくださいね。

③ どうしようもなく辛いなら、転職を考える

「職場の人間関係を良くしようと、努力してみた。でもやっぱり関係が良くならず、しんどい」

↑こう思う場合、いっそ転職して、人間関係をリセットしたほうがいいかもしれません。

もちろん転職には不安がつきもの。収入がなくなる不安もありますし、面倒な転職活動もしないといけないので。

でも、いまの職場で気まずい人と一緒に働くのが苦痛なら、それ以上長くそこで働いていると自分の精神に悪影響が出てくる恐れがあります。

いまの職場に固執せず、思いきって環境そのものを変えることも検討してみてください。

ちなみに転職活動をするときは、転職エージェントに登録しておくといいでしょう。
つらい転職活動を、プロのアドバイザーが無料でサポートしてくれるので、精神的にずっと楽になります。

よかったら以下の記事を読んでみてください。

まとめ:職場の気まずい人と上手くやっていこう

今回は、「職場の気まずい人との人間関係を良くする方法」について解説しました。

職場の人間関係を良好に保つことは、あなたがストレスなく働くうえで重要です。

なるべく快適な精神状態で働けるようにするためにも、今回の記事をぜひ参考にしていただけると幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

よかったらぜひコメントをお願いします。

コメントする

目次